自費診療

自費診療とは保険外適用の治療のことです。

酸素カプセルについて

軽度高気圧酸素カプセル

酸素カプセルは、初期の変形性関節症、関節炎、骨折の治療、また高血圧や糖尿病に効果があり、仕事やスポーツ後の疲労回復、二日酔いや皮膚血行の改善にも効果があると言われております。整形外科疾患だけでなく、健康増進にもご利用いただけます。
9:00〜18:00(最終受付17:00)までにご利用いただけます。電話予約でも対応いたします。

酸素カプセル料金表
時間酸素カプセル
成人(男女共、大学生以上)60分2,500円
学生(中、高校生)60分1,500円
お試し30分1500円
※ 注射とセットにすると割引があります。詳しくは受付にお問い合わせください。
※ 注射はにんにく注射、ビタミン注射、二日酔い注射から選択できます。
※ 注射はプラス500円で、点滴に変更できます。( 30分程度 )


注射または点滴をされる方は、初回は問診、医師の説明があり、初診料として2000円ご負担いただきます。

自費診療注射について

注射の種類と料金表
種類内容料金
にんにく注射ビタミンB1、B6、B12が配合され、筋肉疲労改善、代謝の亢進を目的としています。2,000円
ビタミン注射ビタミンC、グルタチオンが配合され、皮膚の再生、しみの改善(メラニン色素の吸収)を目的としています。2,000円
二日酔い注射グリチルリチン、アミノ酸、グルタチオンが配合され、主に肝代謝の増強を目的としています。2,000円
※ 酸素カプセルとセットにすると割引があります。詳しくは受付にお問い合わせください。

初回は問診、医師の説明があり、初診料として2000円ご負担いただきます。

衝撃波(ショックマスター)治療について

  • ショックマスター
拡散型衝撃波とは

圧力派が拡散するため安全性が高いです。
筋、腱に照射し、局所の疼痛除去、血液循環改善、痛んだ組織の修復が見込まれます。
痛みがある場所にあえて損傷を起こさせるため、ある程度の痛みを伴います。

効果が期待できる対象疾患

①足底筋膜炎、アキレス腱炎などの腱の痛み
②肩関節周囲炎、テニス肘などの慢性痛
③ジャンパー膝、オスグッド病、疲労骨折などのスポーツ外傷

治療頻度、副作用など

1週に1回で4〜6回の治療が必要です。
組織の炎症がある場合は中止することがあります。
治療後に1〜2日の激しい運動は禁止です。
治療部の皮下出血、発赤、腫れが見られることがあります。

衝撃波治療を初めて受けられる患者さんへ

当院では初診で衝撃波治療は受けられません。
初回は保険診療でレントゲンなど検査します。
衝撃波の適応や部位の決定の後、1部位2,000円で治療します。